セフレ探しで勘違いしやすいことに関して

割り切り

セフレ探し

出会い系サイトによくありがちな勘違いしやすいことについてここではみていきます。

セフレ探しにとって重要ですので確認しておきましょう。

出会い系サイトでセフレを探す場合

出会い系サイトを利用してセフレを見つける人も多いですが、その際に注意したいことがあります。

掲示板の書き込みを見て相手を探すというタイプの人もいますが、出会い系サイトを利用していて掲示板で「割り切り」という言葉を見かけることがあると思います。これはセフレの関係と思ってしまいがちですがこれが勘違いなのです。

割り切った関係であることには違いはないのですが、この場所で書かれている割り切りというのはセフレのことではありません。割り切りという言葉で使われている意味合いは別にあるのです。

割り切りの意味は?

体だけの関係で割り切る、そのように思ってしまいがちなのですがそうではありません。

割り切り、これはつまり、援助交際を意味しています。お金のやりとりだけで割り切ることを意味しているのです。

割り切り

確かに割り切った関係でもあります。お金だけの関係と取ればそうでしょう。セフレとは意味が違っている点を理解しておきましょう。

セフレを求めているのに

セフレ

割り切りという書き込みを見て連絡をしてしまうと、自分としてはセフレという関係を求めているのにも関わらず、相手は確かに体の関係を求めていることには違いはないのですが、お金でのやり取りを書いていますので若干ズレが生じてしまいます。

援助交際と聞くとしかもトラブルになりやすい、犯罪というイメージがある人も多いでしょう。

売春をすることは違反ではあるのですが、それそのものに罰則が現在ありません。

個人の間で行われていることですので、捜査されたとしてもお互いが黙秘し続ければ立証されることもないので、実はグレーゾーンであり、白黒をつけることはできません。

交渉次第では当日会える

割り切りの女性は交渉次第ではもしかすると今日中に出会うことが可能なケースもありますので、それはそれで話が進むために良いと思う人もいるかもしれません。

しかしながら、実際のところはその日出会えたところで一度限りの関係となることが多く、セフレのようにリピートすることはないのです。

そしてお金のために相手は体を提供していますので、セフレみたいにお互いがお互いを求めているわけではありません。

ですからちょっと虚しい気持ちになるのだそうです。

お金のためにHをする、そのために出会い系サイトを利用しているので、事務的に、淡々とこなされることもありますので、セフレを探している人に取っては向いていません。

セフレを探さずに

人によっては一度限りの関係は深入りすることがないので、セフレよりもさらにドライでいいとして、セフレを作らずに一度限りの関係だけで割り切りを募集している女性とだけ関係を持つというルールを自分の中で決めている人もいるようですが、それは人それぞれ違いがあります。

「割り切り」この言葉がセフレを意味していないということだけはいずれにしても理解しておいたほうがいいかもしれません。

真剣に長く付き合っていけるようなセフレを探している人にとって、間違った意味合いになってしまいますので、これでは意味がないのではないでしょうか。

セフレという関係を築いてお互いに体だけの関係で了承して、会いたいときに会う、恋人とは違う関係を築く、それを求めている人にとっては割り切りの関係は少し違った関係ですので注意しましょう。

出会い系サイトの掲示板を利用してせふれ 探す場合は、割り切りと書かれているときに気になるかもしれませんが、セフレとは関係ないので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です